プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

HONDA・CR-Z(superGT GT300仕様)製作記7回目


LFAとGT-Rは研ぎ出し終わってません。
先週末の徹夜や友人との焼肉会などによる頭痛やら消化器系の不調やらでダラダラしてしまいました。

そこで今回はCR-Z GT300仕様を小出しする形にさせていただきます。

gt300-cr-z_24.jpg

前回のリアに続きまして、フロントの工作となります。

以前までのフロント(第5回)と比べるとよりGTらしくなりました。
これもボンネットのエアアウトレットのおかげですね。
CR-Zは開口部が大きいのでアウトレットもレギュレーションで可能なかぎり、かつデザインも考えつつ大きくしました。
今のJAF-GTだと左右に湾曲させて、サイドに空気を流すのが主流ですが、CR-Zはフロントウィンドウが湾曲しているのでアウトレットの湾曲は少なめです。

gt300-cr-z_25.jpg

TOMICA Z(Z34)で断念したルーバーも挑戦しました。
分かりにくいですが、ちゃんと等幅で抜けています。
これでも結構疲れました。アウトレットが大きいおかげで沢山つくらずに済んだのは良かったかもしれませんね。
後方の空間にはNACAダクトを開けてやりたいと思います。

gt300-cr-z_26.jpg

ルーバーの作り方は簡単で、隙間ができるようプラ板を重ね合わせてやるだけです。
ただ、開口部が台形なので現物合わせで何枚ものプラ板を切りだしてやる必要がありました。

かなり整形も最終段階が見えつつありますが、当然ながらボンネットはこれで終わりません。
開口部の内部も作ってやる必要があります。あと見えざるを得ない構造なのでインタークーラーも付けてやる必要がありそうです。
それが終わればフロントのスポイラーやサイドスカートなども塗装前に必要な作業となります。
製作開始から2ヶ月半で、予想上に早く進んでいますね。
次の製作記ではもっとGTカーらしくなっていると思います。

今回はこの辺で製作記は終了です。



話は変わりますが、今年のルマン24時間耐久レース。
superGTでお馴染み、アンドレ・ロッテラーとブノワ・トレルイエの操る#2 AUDI・R18が優勝しました。
他のAUDIチーム2台は激しいクラッシュに見舞われてしまいましたが、クラッシュしたドライバーも無事で良かったです。

上記のLMP1クラスに次ぐLMP2クラスではNISSANエンジンの#41のZYTEK・NISSANが優勝を果たしました。
GT500の一つ前の規格のエンジンで、ルマンデビュー戦で更に注目されているでしょう。

F1でもレッドブルレーシングのKERSにINFINITYが技術提供をしていますし、日本のメーカーが世界で活躍するというのは何とも嬉しいですね。
FIA-GT3は世界中で最も盛んなカテゴリになっていますが、JAF-GTもsupeGTという小さな枠組みの中では輝き続けてもらいたいものです。

今回はこの辺で。また次回よろしくお願いします。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.06.12    [ ジャンル:趣味・実用 / テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / Myカテゴリ:ホンダ・CR-Z(superGT GT300仕様)(FUJIMI改造) ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。