プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

GAZOO Racing・G's プリウス製作記3回目

製作記に戻りまして、今回はG'sプリウスの続きです。
ホイールの方は複製作業についてネットサーフィンしているところなので、またしっかりと時間が出来たらやりましょうかね。
ホイールの取付は最悪、完成直前でもいいわけですし。

という訳で、G'sのエアロを再現しているところとなります。

gs-prius_12.jpg

いきなりですが、ボディをカットするところから始めました。
資料を見ながら、ノーマルのフロントで邪魔になりそうなところはエッチングノコやドリルやデザインナイフで思い切って切除していきます。
ノーズのエンブレムをリップに合わせて切り取ったり、G'sに合わせて開口部を拡げたり、フォグランプの部分も大きく取り去ったりしたら、それだけでエコカーを脱却したフォルムになりました。
ここにバンパーや新しいフォグランプを取り付ければどんどんG'sらしくなるでしょう。

gs-prius_13.jpg

次にリップの延長をしました。大体下に1mm、前方に1.5mmくらいでしょうか。
0.5mm厚プラ板を弧の形に切り出し、2枚重ねて前に軽く飛び出るように貼付け、光硬化パテを盛って整形します。
こういう量が少なくて済むときは。どんどん光硬化パテを使いますね。ヒケがないですし、すぐ硬化しますし、プラスチック程度の硬度もあるので便利です。
ボンネットからリップへと綺麗なラインでつながるように、突出していたエンブレムの膨らみの部分はどんどん削っていき、更にスピード感溢れるものとなりましたね。
もちろん、ボディの方はノーズがなくなるほど削り込んでいくので、裏側からパテで裏打ちしてから削って行きました。

gs-prius_14.jpg

次にこんなものをプラ板から切り出し・・・

gs-prius_15.jpg

空洞にポリパテを多めに充填し、裏側からボディに押し付けて、形状をボディにフィットさせます。
ボディの裏側にはマスキングゾルを薄く塗りつけておくと、ボディにパテが癒着せずにすみます。

写真のようにポリパテは十分に枠を埋めてませんが、そこには光硬化パテを盛って仕上げます。
やはり固さがあることから表面に表れる部分は光硬化パテのほうが良いと思いますね。
2mm以上厚みをもたせるとうまく硬化しないので、1つ上の写真のようにパラ版で底上げすると、パテも節約もできて一石二鳥です。

gs-prius_16.jpg

作ったバンパーをはめるとこんな感じになりました。誰が見てもG'sに見えますよね。
ここまで意外にも面倒というほど難しく大変な作業はありませんでした。1日あれば十分終わる内容です。
はめこむというのがポイントでして、別々に塗装出来てマスキングが不要になり、仕上がりも綺麗という構造となるように、大胆にボディを切断しておいて良かったと思います。
昔の自分ならば冒険できずに、切断を最小限にしたんでしょうね。本格的なプラモ製作再開から1年半ですが、随分と心持ちも変わってきたようです。
あとはフロント下部、フォグランプ及びその周辺・ヘッドライト内側と制作していこうと思います。
リアのディフューザーも資料が集まり次第進めたいと思います。
どうか市販版G'sプリウスが大きくフォルムが変わりませんように。全然違ったらまた作るだけですが(笑)

今回はこの辺で終わりたいと思います。
次回もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.09.18    [ ジャンル:趣味・実用 / テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / Myカテゴリ:その他 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。