プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

nissan・GT-R'10(R35)製作記10回目&GT5 DLCカー2回目


なんと2ヶ月弱も放置していたGT-R(R35)をイジり始めました。
何度か再開するようなことを言いつつ、なんとなくなおざりになってましたね。
あんまり放置すると本当に眠ってしまいそうだったので、G'sプリウスのボディ塗装が終わったことを機会に今月中に完成させたいと思います。

nissan-gtr-r35_25.jpg

外観の変化として、ブラックアウトされたフロントバンパーに手を加えました。
ガンメタ一色になっていましたが、メッキ調のラインを細切りのミラーフィニッシュで再現し、その内側の濃い色の部分にはカーボンフィニッシュを貼ってあります。
メッキ調のラインはデカールが付属していましたが透明の余白が残ってしまうのと、なんとなく太い気がしたので用いませんでした。
再現の様子は後ほど見て貰いましょう。

ところで更新が止まっていた理由ですが、それがこれです。
ボディ塗装が終わり、細かさという点で最も面倒だったエンジンルームのマスキングをし・・・・

nissan-gtr-r35_26.jpg

写真ではよく出来たように見えますが、白く残すはずのリザーブタンクのマスキングを忘れてしまいました。
リザーブタンクとはエンジンルーム右下にある台形の物体です。
たかがこれだけなのですが、マスキングが面倒だった割に、ちょっとしたマスキングの追加を忘れてしまったことがショックで、熱意がLFAにすべて行ってしまい、ズルズルとここまで来てしまいました。

nissan-gtr-r35_27.jpg

そして突然ですがエンジンルームの完成です。
リザーブタンクはホワイトサーフェイサーを筆塗りしました。モールドはもっさりしますが、黒の上では塗料じゃ隠蔽できません。
とくにキットからイジっていませんが、実車写真を見ながらすこしずつ色を足すだけでなかなか見応えのあるものになります。
グリルのカーボン調もなかなか良い感じに出ました。
実車ではカーボン風のモールドがあるだけのようなので、カーボンデカールよりも元々凹凸のあるカーボンフィニッシュのほうがリアルなんじゃないでしょうか。

nissan-gtr-r35_28.jpg

マフラーおよび後部エキゾーストを取り付けました。
リアバンパーのマフラー周りはシルバーとなっているので、ここも塗装を忘れないようにします。

残りで一番重要なのが内装となります。
内装は前回塗装に入ると宣言してから、まったく手をつけていないので、G'sプリウス内装と同時進行させたいと思います。

製作記はここまでです。



続きましてGT5 DLCカーの紹介第2弾です。

R35-TC_01.jpg

今回はGT-Rに因んで、
日産・GT-R R35 ツーリングカーです。

R35-TC_02.jpg

プリウスがコンセプトカー的なものだったのに対して、このGT-R TCでは正当なGTレース車両としてチューニングされています。
と言うのも、おそらくこの車両のモデルはR35が実際に参戦しているFIA-GT1選手権仕様の初期型だと思われるからですね。
大きなカナードが付いていたり、ルーバーや開口部が少なかったりしますが、エキゾーストの配置やリアバンパーとディフューザーの処理、給油口の位置などFIA-GT1車両にそっくりです。
ノーマルのR35のGT5仕様エアロはS耐仕様を真似たものだったので、おかしい話ではないでしょう。

R35-TC_03.jpg

ここからはDLCカー自体の話ですが、やはり最新GTカーのスタイルということでカッコイイです。
しかし、公式ホームページを見るかぎり、フロントバンパーが黒くてボディ色がメッキ調と思いきや、実際はメッキ調の部分がデザインになっており、黒がボディ色です。
ボディ色を白や赤にしようものなら、シルバーから青にシフトするメッキ調の部分がものすごく浮きます。
ただ元のままでは味気ないので、黒に近いシルバーで塗装して見ました。
またホイールは今年のFIA-GT1仕様風のものを履かせてあります。

R35-TC_04.jpg

それでもFIAの選手権は今後GT3に絞られていくと言うこともあって、擬似的にもGT1車両を眺めることができるのは十分大きな価値だと思います。
安定して気持ちよく走れるので、今後も暇な時に乗っていこうと思います。
FIA-GT1世界選手権も残すは1戦となっています。superGTとダブルタイトルが取れるといいですね。

今回はこの辺で終わります。
また次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。




スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.10.23    [ ジャンル:趣味・実用 / テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / Myカテゴリ:日産・GT-R'10(R35)(TAMIYA) ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。