プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

まさかのTOYOTA・PRIUS(GT300仕様)が登場!?


一月程前にこんな画像まで作って、プリウスのGTカーなんか出るんだろうかと疑いましたが発表されました。
apr PRIUSとでも呼べばいいでしょうか。

GT300-prius_01.jpg

画像はAutoGuide.com
(http://www.autoguide.com/gallery/gallery.php/v/main/auto-shows/2012-tokyo-auto-salon_001/album_030/)
から借りさせて頂きました。

気にしていたAピラーの部分は三角窓の前端をなくして、付け根を後退させることでうまくタイヤを収めているみたいですね。
強度に関しては複雑な構造のロールバーが組まれているみたいです。
またBRZとは異なり、2012年仕様のカナードがしっかり取り付けられています。
カナードについては制作中のCR-Zでも後々取り付けなければいけないでしょう。
ボディ下部を大幅にカットしているため、フロントバンパーの開口部も小さく、そのためボンネットのエアアウトレットがかなり小さくなっているのも特徴的です。

GT300-prius_02.jpg

リアはかなり迫力がありますね。
BRZはDTM風に前後フェンダーが段々に絞られてシンプルな大型ディフューザーが付くという感じでしたが、プリウスはフェンダーが箱型で大きく空気を引き出す形状で、ディフューザー取付部が3D曲面になっていたりと、本番の形状をかなり反映していると思われます。
またディフューザー後端まで伸ばされたマフラーが目を引きます。ディフューザーに高温ガスが当たらないように、このようにしているならばCR-Zにも反映するかもしれません。
テールランプの方はaprCOROLLAと同様に上下の丸目二灯となっており、塗装でベース車両のライト風に見せています。さり気なく左右の縮尺を縮めて、フェンダーのボックス形状を大きくとっているようにも見えます。

マシンの性能に関してはaprCOROLLAの構造を(おそらく)引き継ぎつつ、加えてHYBRIDシステムを搭載しているようです。
プリウスなのでHYBRIDは当然ですが、どのような効果を発揮するか楽しみです。
aprCOROLLAが苦しんだショートホイールベースによるピーキーさも改善されると思うので、活躍を期待します。

時間が経つうちに写真やら構造やらが判明してくるでしょう。
他の参戦マシンの発表も合わせて、その中で嘘らしくないようにCR-Zを仕上げていこうと思います。
それではこの辺で失礼します。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2012.01.14    [ Myカテゴリ:モタスポ・GT5 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。