プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

NISSAN・GT-R(R35) ピュアエディション 2012モデル エンジン付き

ご無沙汰していました。忙しかったりして全然プラモを触っていませんね。
この3連休で再開できそうだとして、とりあえず次回作のキットのプレビューをしておこうかと思います。

nissan-gt-r-2012_01.jpg

大幅マイナーチェンジ後のGT-Rです。去年製作のモデルチェンジ前はこちらです。
見慣れてくると新しいデザインの方が好きだったりします。
AOSHIMAはパーツ構成から出るだろうと思っていましたがやっぱり出ましたね。

nissan-gt-r-2012_02.jpg

AOSHIMA版GT-Rの特徴はヘッドライトのデカさだと思います。迫力があるのは良いんですが、フェンダーの力強さがなくなっている印象です。逆にTAMIYA版はタイヤを大きめにしてカッコよくデフォルメされていますね。
制作に至ってはフロントグリルが別パーツで塗装がラクラクで、それも魅力の一つでしたが、生憎にも2012モデルでは一体成型になってました。
訳あってサイドバンパーは仮組みしなかったのですが、サイドスカートを付ければプロポーションは良いと思います。

nissan-gt-r-2012_03.jpg

リアバンパーは繋ぎ目は完璧ですが、幅が違って合いは悪いです。
エンブレムが整形されてますが、削らないと塗装しにくいでしょうね。

nissan-gt-r-2012_04.jpg

エンジン付きなんでついでに組んでみました。
TAMIYAはバスタブでしたが、エンジン自体で飾れそうな感じです。
それにしてもヘッドライトデカイですよね^^;

今回はここまでです。もう1つ製品紹介するとやりたいことが分かるかと思います。
AOSHIMA版の良い所はなるべく生かしながら制作したいですね。
ありがとうございました。


スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2012.10.03    [ Myカテゴリ:製品紹介 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。