プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

#55 RENOWN CHARGE MAZDA 787B '91製作記1回目

それでは787Bの製作記です.

mazda787b_03.jpg

代わり映えはしませんが,ボディの表面処理とスジボリの彫り直しをしました.
ワークスカラーだとレナウンカラー用の凸モールドを消すようになりますが,レナウンカラーで制作するのでそのままです.
下手に凸モールドが消えても困るので,明らかなヒケとパーティングラインのみ処理します.
パーティングラインは,天板(箱と見立てて)の前後に走るエッジにあるのでそこをヤスリで消せばOKです.
ボディのヒケは殆ど目立たないので,適度にペーパーを当てるだけで大丈夫でした.
もちろん,成型色そのままではなく,サーフェイサーでホワイトにしていますよ.

mazda787b_04.jpg

ところで,今回の塗装はなかなか手間がかかります.
何故なら,オレンジ,グリーンの塗装は,塗装したくないところをそれぞれマスキングする必要があるからです.
例えば,モノクロのツートンならば,白→黒とすれば大丈夫ですが・・・・
一番目立たないオレンジ→グリーンでも,グリーンの下地にオレンジがあると色が変わってしまうんですね.

上の写真のように細切りのテープをフチに貼ってから,大雑把に覆っていくと楽です.
ここでフロントの塗り分けラインですが,キットだとヘッドライト中央よりの小さなダクト(?)の真上を通るように凸モールドがありますが・・・
試料を見る限りでは,ヘッドライトの凹みのギリギリを通るのが正しいようです.つまり,凸モールドから2mmほどずらしてマスキングしました.

mazda787b_05.jpg

オレンジを塗装する前のマスキングはこのようになりました.
色の違いが出ないように,前後のカウルは繋げますが,間にも塗料が入らないといけないので,若干感覚を空けて固定しています.
塗り分けラインの違いはフロント以外にもありましたが(シルバーの部分がやや小さいなど),あまり目立たず時間節約と全体のバランスの難しさを考慮してそのままにしました.

mazda787b_06.jpg

オレンジの塗装が完了です.
これだけでもただのグループCカーから787Bへとイメージが変わりますね.
787Bキットの指定通りのTS-31ブライトオレンジを塗装しましたが,なんか濃すぎるような・・・
AUTOartの古いモデルをみたときはこんな色だったような気もしますが,グリーンを塗装しないとなんとも言えないと思うので,とりあえずこのまま塗装を続けます.

今回はこの辺で失礼します.
今年は2月中旬にかけて積雪ラッシュが続いているので,次回は多少遅れるかもしれません.
ありがとうございました.
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2013.02.18    [ ジャンル:趣味・実用 / テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / Myカテゴリ:MAZDA・787B '91(TAMIYA) ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。