プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

Honda・CR-Z(FUJIMI)

TOMICA Z(Z34)はシャシーは塗装前、ボディはデカールの段差消しまで終了しました。
ですが、記事にするほど進んでいません。

そこで、昨日金曜日に衝動買いしてしまった
Honda・CR-Z(FUJIMI)
を紹介したいと思います。

honda-cr-z_01.jpg


3000円以内で購入できたのですが、なかなかのパーツの量でクオリティとともに満足です。
TAMIYAは品質の高さで高価なのも納得してきましたが、最近のFUJIMI・AOSHIMAは質も十分でラインナップも多くて、だんだんとTAMIYAへの興味が薄れて行っている気がします。

honda-cr-z_02.jpg

そして適当にボディだけ仮組みしましたが、CR-Zは最近発売した国産車の中で一番デザインが好きなんですよね。
まさにハイブリットスポーツて感じじゃないですか。それとどんなボディカラーも合う(と思う)ので、プラモデルにはピッタリだと思います。

honda-cr-z_03.jpg

それはさておき、キットの方は最近のFUJIMIらしくかなりキチッとしています。
組むときに怖い、ボディとシャシーとが隙間なく組み合わされる構造も今ではすっかり慣れまして、むしろこの方がクルマを作っている感が強くて良いんじゃないかと思います。
更にこのキットは、フロント・リア・サイドスカートの取り付けが秀逸で、隙間とボディのスジ彫りが同じようになっていたり、フォグランプやリアディフューザーなどの塗り分けしなければならないところが別パーツになっていたり、技術がなくても綺麗に仕上がる設計になっています。
この感じでキットが出されていくなら、FUJIMI崇拝してしまいそうです。

本当は今後の制作順は決めていたんですが、ちょっと前倒しして作る気になってしまいました。
ノーマルで作ってもいいんですが、せっかくなのでGRAN TURISMO 5のエアロで作ってみようかな・・・とも考えています。
いろんなところでGT300参戦が持ち上げられていますが、より現実味が出たら2つ目として購入して製作してみたい気もします。
ですが、TOMICA Zは半年以上いじり続けて下手にまた改造したマシンを作るとモチベーションが保てるか不安なのでしばらく保留で。でも構想を練る(妄想する)だけで御飯何杯でも行けそうです(^q^)

あー458もSHUNKOからデカール出たら作ってみたいなぁ。
でも、AOSHIMAのスバル・WRX STI 5doorもランエボXと一緒に作らなきゃいけないし・・・。
(以下略)

最近忙しくて下がっていたモチベーションも、そのうち思い切り制作できると思うと上がり続けてますねー。
書いたら止まらないんで、ここら辺で終わります。ありがとうございました。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.01.15    [ Myカテゴリ:製品紹介 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。