プロフィール

カルバボラン

Author:カルバボラン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

合計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

LEXUS・LFA & NISSAN・GT-R (TAMIYA×2)

昨日には届いたんですが、眺めていたら一日が終わってしまいました。
それではレビューです。

LFAGT-R_01.jpg

タイトルからも分かりますが、今回の製作の2台はTAMIYA
LEXUSLFA
NISSANGT-R
です。どちらもTAMIYAの代表的なキットですよね。

LFAGT-R_02.jpg

LFAGT-R_03.jpg

写真からは分かりませんが、どちらも箱が大きいです。
流石に値段がアレなんで、余計に風格が違うように感じてしまうんでしょうか。。

LFAGT-R_04.jpg

エクステリアについて。
LFAはTAMIYAの最新キットで、発売から作りたかったキットです。私みたいに価格で躊躇した人もいるでしょう。
実車を見た機会が全くないのですが、きっと実車を忠実に再現していることと思います。
リアウイング・ボンネットが別になっていますが、他のスジ彫りとの雰囲気も合わせて絶妙な合いです。リア上下に分かれるエアインテークもきっちりと合いました
GT-Rはちょっと旬を過ごした感はありますが、同時製作でないと再び作ろうとする機会は来ないだろうと、製作を決めました。
最近のタミヤには珍しく、フロントバンパーが別パーツですが、合いは良好でした。しかし、この構造を生み出す原因となったエンジンとボディの一体成型が恐ろしいです。
また製作記で扱いますが、何故別パーツ化してくれなかったんだと不思議でなりません。
両者を比較すると、デザインの方向性から大きく違いますよね。
新しさを出したLFAとGT-RらしいGT-R。LFAのフロントは賛否両論ですが私はなかなか好きです。
驚いたのが、LFAがGT-Rより一回り小さいこと。全高がGT-Rが高いのもありますが、Ferrari・458とカリフォルニアくらい違って感じます。

LFAGT-R_05.jpg

リアビューは高さに加えて、スポイラーの有無で全然雰囲気が変わりますよね。
LFAは大きなエア抜きのメッシュ部分が特徴ですが、ここは良い評価を貰っているようですね。確かに新しさもありカッコイイと思います。
GT-Rは伝統的な丸目4灯ですが、大きなボディスタイルの中に綺麗に納められていて、こちらもカッコ良くまとまっています。

LFAGT-R_06.jpg

LFAのみ紹介しますが、5000円という価格でこんなに多くのパーツを組み立てることとなります。
ちょっと昔のTAMIYAではズシリとした重量のダイキャスト製シャシーを使用するキットがありましたが、このLFAはプラスチックだけで十分な重さとなりそうです。
パーツ数を増やすこととなったのは、モノコックやサスペンションをリアルに再現し、更にパワートレーンまで実車のよう構成にするというTAMIYAのこだわりがあったためです。

リアルさをなるべく損なわないように簡略化をしたGT-Rと、これでもかとばかりに実車の構造を再現したLFA、早速楽しみながら明日より製作に入っていこうと思います。
レビューと言いつつ、レビューになっていなくてすいません。
それでは次回よろしくおねがいします。


スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(1)   2011.05.09    [ Myカテゴリ:製品紹介 ]

コメント

1/24プラモデルで¥5250はお高いですね。
限定500台だからしょうがないのかも…w

2011.05.10 21:20 URLYAMA036#- - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。